マンモス展 ~その「生命」の過去と未来~

愛知万博のユカギルマンモス再登場!!

2020.3.14《土》-6.14《日》

9:30~17:00(入館は16:30まで)

名古屋市科学館理工館地下2階イベントホール

マンモス展 ~その「生命」の過去と未来~

会期の変更について

 名古屋市科学館の臨時休館の延長に伴い、3月14日(土)からの会期を予定しておりました「マンモス展」の開始日を当面の間延期いたします。
 開始日につきましては、改めて名古屋市科学館ホームページ(http://www.ncsm.city.nagoya.jp/)および当サイトでお知らせする予定です。
 本展を楽しみにしていただいている皆さまには誠に申し訳ございませんが、ご理解とご協力をいただきますようお願いします。

*上記は3月26日(木)現在の情報となります。

永久凍土から発掘された
太古のマンモス。世界初公開、続々!

2005年「愛・地球博」で展示あのユカギルマンモスが再降臨!!
「ユカギルマンモス」
(頭部冷凍標本)特別重要文化財(ロシア連邦)
年代:17,800年前
発掘:2002年
発掘場所:サハ共和国 ウスチ・ヤンスク地区
イリン・ヴィラフチャアンニア川下流地域

ケナガマンモスの鼻

(冷凍標本) 特別重要文化財(ロシア連邦)
年代:32,700年前
発掘:2013年9月
発掘場所:サハ共和国 ノボシビルスク諸島
マールイ・リャホフスキー島

ケナガマンモスの皮膚

(冷凍標本) 特別重要文化財(ロシア連邦)
年代:31,150年前
発掘:2018年8月
発掘場所:サハ共和国 ベルホヤンスク地区
ユニュゲン

ケナガマンモスの毛

年代:31,150年前
発掘:2018年8月
発掘場所:サハ共和国 ベルホヤンスク地区
ユニュゲン

奇跡の発見を体験

仔イヌ

(冷凍標本) 特別重要文化財(ロシア連邦)
年代:12,450年前/発掘:2015年8月
発掘場所:サハ共和国
ウスチ・ヤンスク地区 スィアラアフ川流域

「ユカギルバイソン」

(冷凍標本) 特別重要文化財(ロシア連邦)
年代:9,300年前/発掘:2011年8月
発掘場所:サハ共和国 ウスチ・ヤンスク地区
ヤナ・インジギルカ低地 チュクチャラフ湖

ライチョウ

(冷凍標本)
特別重要文化財(ロシア連邦)
年代:1,600年前/発掘:2016年8月
発掘場所:サハ共和国
ベルホヤンスク地区 ユニュゲン

仔ウマ「フジ」

(冷凍標本) 
特別重要文化財(ロシア連邦)
年代:41,000〜42,000年前/発掘:2018年8月
発掘場所:サハ共和国
ベルホヤンスク地区 バタガイカ・クレーター

休  館 /
毎週月曜日(5月4日は開館)、毎月第3金曜日(3月20日は開館)、5月7日(木)
主  催 /
名古屋市科学館、中日新聞社、東海テレビ放送
企画制作 /
フジテレビジョン
企画協力 /
日本科学未来館
特別協賛 /
家庭教師のトライ
後  援 /
文部科学省、愛知・岐阜・三重各県教育委員会、愛知県私学協会、
愛知県私立幼稚園連盟、愛知県子ども会連絡協議会、名古屋青年会議所
協  力 /
ロシア連邦サハ共和国、サハ共和国科学アカデミー、
ロシア北東連邦大学北方応用生態研究所、近畿大学生物理工学部、
近畿大学先端技術総合研究所、野尻湖ナウマンゾウ博物館、
一般財団法人地球産業文化研究所
お問合せ /
名古屋市科学館 TEL:052-201-4486 FAX:052-203-0788